logo background
background
 
  TOP
 
  会社案内
 
  プライバシーポリシー
 
  フジックス企業理念
 
  水彩工房&レブリスショップ
 
  フジックスの福祉機器展示場
 
  キッチンレイアウトを"チェンジ"
 
  二世帯目をスピードリフォーム
 
  モダンスタイルの戸建リフォーム
 
  「光」のリフォーム 前編
 
  「光」のリフォーム 後編
 
  耐震補強工事 ひかりかべ編
 
  耐震補強工事 ガレージ編
 
介護保険での住宅改修事例
 
  木造リフォーム事例 M邸
 
  自由自在に使えるトイレ
 
  屋上防水改修例
 
  楽しく通える歯医者さんに
 
  車椅子ご利用者のご自宅トイレ事例
 
  窓まわり提案は自信あります
 
  福祉用具レンタル
 
background

介護保険での住宅改修事例

またぎ辛い浴槽の縁は複合手すりを
「入浴が怖い」という方には、何回でも持ち替えることが
できて、同時に介助者さんも支えられる手すりが必要。
ポイントは壁に直接付けず、身体に寄せること。
フジックスは確かな評価に基づいて設計します。
 
車椅子でゆったりトイレを
もともと大便器室と小便室だったトイレを一室化に改修。
手前のホールも取り込んで面積拡張もしました。3枚連動
引き戸も設置して、洗面器も既設給湯機からお湯を配管。
便器や洗面器の高さはご本人の寸法に合わせます。
 
階段の連続手すり
階段は、降りるときに利き手側に設置するのが基本です。
両側に取り付けるとしても、昇りで使う手すりと、下りに使う手すりでは、高さが異なることもあります。
左右を同じ高さにして見栄えを重視するか、異なる高さでも機能性を重視するかは、住まう環境や生活目標によって判断すべきです。
 
トイレ内の手すりは様々な用途
使う人の身体状況によって、トイレ内の手すりの種類と数はとても多くなるケースがあります。
トイレの扉の開閉時の立位保持、便器への歩行移動の補助、身体を回転させる時の支え、着座時の支え、着座中の姿勢保持、着脱衣時の支え、立ち上がり支持・・・・動作が多く、難しい動作もあるために慎重なアセスメントが必要です。
 
可変性の手すりも活用
これは押入れ前に設置した手すりです。日常は歩行補助として頻繁に利用します。しかし、押入れの使用時には、この手すりを一度取外します。
この他にも、跳ね上げ式、スイング式、スライド式など、様々な可変性手すりがありますし、状況に応じてオリジナルで製作します。
 
建具の改修もいろいろあります
これは、狭い片開きドアと袖壁を撤去・拡張して、木製の折り戸を作ったケースです。
開きドアは引き戸に変えるのが一番のお奨めですが、引き戸が無理ならば、こうした折戸でも使いやすいでしょう。
その他、戸車の交換、開き方向の変更、建具の分割なども介護保険の対象になります。
 
段差解消も重要です
玄関の上り框は30〜40cm程度の段差になっています。それに対して生活者の脚上げ可動寸法はいくつかを評価して、可動寸法以内の段の高さにします。段の高さは全て同じにしてリズムを変えないようにします。
このように手すりと併用するケースもあります。
 
屋外整備も保険適用になります
自立目標に外出することが含まれる場合に改修工事が可能です。
道路と敷地内とを接続する門扉や階段、玄関までのアプローチも必要であれば工事OK。外構工事は規模も大きくなりがちで、デザイン感も必要なだけに、少額に抑える工夫が必要です。
 
便フタの裏にシャワー
人工肛門の処理やお手入れはとても手間のかかるものです。できれば両手でしっかり洗浄したいと誰もが思っています。専用のシンクを設けるのはスペースや費用の問題もあります。
そこでフジックスでは便フタの裏を利用して、ケアクリックシャワーのヘッドを設置できるような工夫をしました。
*これは介護保険工事の対象外です