logo background
background
 
  TOP
 
  会社案内
 
  プライバシーポリシー
 
  フジックス企業理念
 
  水彩工房&レブリスショップ
 
  フジックスの福祉機器展示場
 
  キッチンレイアウトを"チェンジ"
 
  二世帯目をスピードリフォーム
 
  モダンスタイルの戸建リフォーム
 
「光」のリフォーム 前編
 
  「光」のリフォーム 後編
 
  耐震補強工事 ひかりかべ編
 
  耐震補強工事 ガレージ編
 
  介護保険での住宅改修事例
 
  木造リフォーム事例 M邸
 
  自由自在に使えるトイレ
 
  屋上防水改修例
 
  楽しく通える歯医者さんに
 
  車椅子ご利用者のご自宅トイレ事例
 
  窓まわり提案は自信あります
 
  福祉用具レンタル
 
background

「光」のリフォーム 前編

不満いっぱいの我が家でした
築30年と50年の2棟続きの木造住宅。子供達も独立して、これからご夫婦の快適な生活を夢見ています。  
暗くて狭いリビングをなんとかしたい
昼間でも照明が必要な1階リビング。以前に亡き母上様が生活されていた隣室との間仕切壁は圧迫感すら感じる狭さ。
収納スペースも少なく溢れる家財品。・・・なんとかしたい!
 
夏は熱く、冬は冷たい台所
直線のキッチンは歩く距離が長く、窓は隣家が密接していて開放できず、夏と冬の室温には長年辛抱し続けていました。  
子供部屋と和室だった、使いにくい2階でした
以前は子供部屋と、ご夫婦が布団で就寝されていた和室があった2階。収納量の不足と真夏の暑さ、そして3階段を経て屋根上バルコニーへ出入りすることの怖さは、もうこれ以上続けられません。  
平屋部分の屋根をまるごと解体します
多くの悩みは、この平屋部分の屋根に集約されていると判断。
まずは瓦をめくり、何層もの野地を撤去。小屋組構造も全て解体してしまいます。
 
1階の室内造作も大胆に解体
平屋部分の屋根や構造を解体すると同時に、室内の壁や床まで全て解体します。これは、柱や土台など構造下地をチェックするとともに、新たに耐震補強を兼ねた下地づくりをする為です。  
梁入れ補強から造作スタート
末永く安全に暮らしていただくため、構造補強は適切に行う必要があります。柱・梁・筋交い・壁面の増加、補強金物の設置などを行い、その後造作工事を行います。  
基礎構造や床下の湿度チェックも大切です
築年数が古い建物は、しっかりしたコンクリート基礎や束石を使っていません。また土が湿っていたり土台に腐食が無いかを点検して、必要に応じて防湿や防蟻の処置もします。  
造作作業進行中です
壁面は、石膏ボードの下地全面に構造合板を貼って二重構造にしています。従来の筋交いが外せない部分で、しかしそこが室内の中央になってしまう場合、鉄棒とターンバックルを活用して、オープン感覚のスッキリした筋交いを設置します。  
屋根撤去後は大きなバルコニーになります
フジックスの得意技のひとつは、平らで活用できる屋根を作ることです。ここでは2ヶ所の天窓を設けます。耐水合板二層貼りは、防水シートをサンドイッチして適当な水勾配と排水溝を造作しながら行います。  
バルコニー屋根の防水はFRPで10年保証
最低でも10年以上は漏水しない防水材を使用します。FRP(繊維強化プラスチック)防水は、軽量で断熱性があり、長期間劣化しない特徴があります。  
出窓サッシへの交換と壁収納の造作中
従来の平面サッシから、外へカーブを描いた出窓サッシに交換しました。それと平行して腰壁部分の内壁を剥がして、壁の厚みを利用した飾り棚を作ることにしました。写真は外壁モルタル下地のラス板が見えています。  
外壁にもアクセントの幕板を新設
外壁の塗装替えは、水性のシリコン塗料を使用します。カラーは様々なプランから明るさと温かみを持った色を選定。幕板とのコントラストを図りました。