logo background
background
 
  TOP
 
  会社案内
 
  プライバシーポリシー
 
  フジックス企業理念
 
  水彩工房&レブリスショップ
 
  フジックスの福祉機器展示場
 
  キッチンレイアウトを"チェンジ"
 
  二世帯目をスピードリフォーム
 
  モダンスタイルの戸建リフォーム
 
  「光」のリフォーム 前編
 
  「光」のリフォーム 後編
 
  耐震補強工事 ひかりかべ編
 
  耐震補強工事 ガレージ編
 
  介護保険での住宅改修事例
 
  木造リフォーム事例 M邸
 
  自由自在に使えるトイレ
 
屋上防水改修例
 
  楽しく通える歯医者さんに
 
  車椅子ご利用者のご自宅トイレ事例
 
  窓まわり提案は自信あります
 
  福祉用具レンタル
 
background

屋上防水改修例

塗膜防水の表面が劣化するとジワジワと・・・
屋上モルタルの表面に塗られている防水剤は、10年を過ぎると効果が薄れて、徐々に下地に侵水しはじめます。排水金物のまわりも亀裂が入って、ジワリときています。この時点では、目に見える雨漏りも無く、気付かぬうちに蝕まれているケースが殆どです。  
隅の方に水溜りができてはならない
水は勾配に従って排水口に流れなければなりません。しかし、隅に溜まっままのケースもあります。泥やゴミも一緒に溜まってしまいます。こまめに掃除して、できるだけ早くモルタルで水勾配を取り直しましょう。  
配管のまわりの漏水は激しいのです
屋上の室外機へエアコン配管などをしている場合、配管まわりの防水シールが短期間で劣化することがあります。この場合には、ジワリと言うよりも、一気に水漏れが起こりうるのです。
換気口まわりやサッシまわりなどもシーリングで防水処理をしていることが多いので、そこは5年おきにでも点検修理する必要があります。
 
ウレタン防水は平場と立上げは別工法で
今までの床面をキレイに清掃して樹脂モルタルで調整します。その上にプライマー処理などをして、ウレタン塗膜の防水を施すのですが、立上げ部分は接着してしまい、笠木の中まで完全に塗りこみます。しかし平らな床面は、陽射しの熱や冬の寒さによる塗膜の伸縮を考慮して、コンクリートと防水シートを密着させない「絶縁工法」を用います。  
防水と塗装は異なるサイクルでメンテナンスを
防水剤と塗装塗膜では耐久年水が異なります。フジックスでも防水は10年間保証、塗装は5年間保証となっております。右の写真のように、配管スペースの天板は鋼板なので塗装仕上げであれば、壁面の防水と同時の定期メンテでは性能維持ができません。住宅の屋根と、周囲の木部との関係も同じですね。