logo background
background
 
  TOP
 
  会社案内
 
  プライバシーポリシー
 
  フジックス企業理念
 
  水彩工房&レブリスショップ
 
  フジックスの福祉機器展示場
 
  キッチンレイアウトを"チェンジ"
 
  二世帯目をスピードリフォーム
 
  モダンスタイルの戸建リフォーム
 
  「光」のリフォーム 前編
 
  「光」のリフォーム 後編
 
  耐震補強工事 ひかりかべ編
 
耐震補強工事 ガレージ編
 
  介護保険での住宅改修事例
 
  木造リフォーム事例 M邸
 
  自由自在に使えるトイレ
 
  屋上防水改修例
 
  楽しく通える歯医者さんに
 
  車椅子ご利用者のご自宅トイレ事例
 
  窓まわり提案は自信あります
 
  福祉用具レンタル
 
background

耐震補強工事 ガレージ編

木造住宅のガレージ上の部屋が傾いた!
築25年の在来工法住宅。決して構造ミスや手抜き工事が
行われたとは言えない家屋でも、使い勝手優先にすると、
ちょっとムリした構造になるケースもある。こちらのお宅
ではガレージ上の洋室の床がかなり傾いてしまった。
 
頼みの綱は1本の鉄柱だった
ガレージの隅に立っている1本の鋼製角パイプが、2階の跳ね
出し部分をなんとか支えていた。しかし、横浜市の耐震診断に
よって「倒壊の危険あり」と答えが出てしまった。"もしも"
の場合に備えなければ・・・
 
まずは天井を剥して構造をチェック
それなりの構造材や梁補強はなされているはずだが、しかし実
際に確認。天井を撤去して補強プランを立てます。最適なのは
直下から柱を入れるのだが、ここはガレージ。
 
鉄骨構造で補強をしよう
補強に肝心なのは「基礎」です。土間をハツリ、必要な鉄筋
配筋を行い、連続したコンクリート基礎を作ります。その上
に鉄骨柱を両サイドに建て、その上に鉄骨梁を掛けます。梁
の上には2階床を支える柱を建てます。
 
建物と接する部分もコーチボルトで固定
この補強は、地震の際に建物と鉄骨枠が別々に揺れないよう
にしています。できるだけ一緒に揺れることで、特定の部分
へのプレッシャーを防ぎます。
 
もちろん2階の床は平らに戻します
無理のない範囲で、ジャッキを使用して下がった床を持ち上げ
ます。これでひと安心。他の基礎まわりを補強する必要も無く、
壁の量も、筋交い量も大丈夫。あとは食器が棚から飛び出さな
いように金物を替えるだけです。
 
天井貼りを行って完成
天井は、軽鉄材下地を組立て、ケイ酸カルシウム板を貼り、
水性塗装で仕上げます。
これで全ての作業が完了です。